とりくみ

ターミナルケア

社会福祉法人きらくえんでは、「終の棲家」として施設入居を選択する方が増加しています。

きらくえんの特養ホームでは看取りを希望される方が多く、入居される方の80%が特養ホームの自室で人生の最期を迎えられます。 きらくえんでは、特養を“住まい”と位置付けています。 これまで送ってこられた人生、生活の継続をテーマに、個別性を重視した暮らしを保障しています。また、高齢者の老いは自然な営みであり、その先に訪れる“死”や“看取り”は「日常生活の延長線上」にあると捉えています。その方の希望に沿った生き方と旅立ちを支援しています。 私たちはそのような考えから、ご本人が入居された時から「看取り期」と捉え、入居時にご本人・ご家族に医療的ケアや終末期に関する意向確認を行っています。 認知症などにより、自分の言葉で明確に意思表示ができる方は少ないですが、病院での治療を拒否し、自分の死に場所として施設入居を望んだ方、看取りで亡くなった方の姿を見て「私も最期はここで看取って欲しい」と希望する入居者がいらっしゃいます。 また、特養の入居者自治会で、「自分の最期をどう迎えるか」というテーマで話し合いも行われることもあります。 よりよい最期を迎えるためには、よりよく生きることが重要であり、“死”をタブー視しないことが、自分に限られた時間をどう生きるかという自己決定に繋がると私たちは考えています。

その他のきらくえんのとりくみ

最初の喜楽苑いくの喜楽苑の開設あしや喜楽苑の開設「高齢者・障害者地域型仮設住宅」の実践24時間LSA派遣事業けま喜楽苑の開設小規模多機能型居宅介護・地域包括支援センターの開設