職種について

法人概要

きらくえんでは、
さまざまな職種があります。
その職種の一部をご紹介します。

介護福祉士は、福祉の専門知識と医学的な介護技術を持ち、
施設または在宅で介護を支援する仕事です。
入浴や排せつ、食事など身の回りの世話を行い、
できるだけ自立した生活が送れるように手助けをします。

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれます。
寝たきりや認知症などで介護を必要とする人やその家族からの依頼に応じ、彼らのニーズや環境を考慮して、どのような介護がいいのかのケアプランを作成し、その後のフォローを行います。
市町村の委託により要介護認定申請における調査も行い、
要介護認定を受けるための申請を代行することもあります。

近年では一人暮らしの老人が生活している住居が多くなってきています。
そこで、ライフサポートアドバイザーはご利用者のお宅に訪問し、居宅生活のサポート、相談、家事の補助などを行ないます。
こういった仕事を行なうことで、老人の孤独死の予防や、老人介護につながるのです。

バイタルチェックや薬の管理・配薬、経管栄養の準備と注入、褥創や皮膚トラブルの処置、利用者の急変時の対応などがあります。
特に急変時の対応は、病院と違い医師が24時間常駐しているわけではないので、状況と緊急度を自分で判断して嘱託医に連絡し、指示を仰がなくてはならないので、幅広い知識が必要な職種です。

病気の方の療養のために必要な栄養の指導
主治医の指導を受けることが必要です。
個人の身体の状況、栄養状態等に応じた健康の保持促進のための栄養の指導など専門的な知識を活かした栄養指導を行い、みんなが健康に生活できるようにサポートする仕事です。

理学療法とは、病気などにより身体が不自由になっている人に身体と心の両面から機能回復・維持を行うリハビリテーション医療の一つです。
主に日常生活に必要な基本的動作を行う身体運動機能を対象に、手技や器具、または患者自身の力によって動かして治療する運動療法、痛みの緩和や循環の改善などの目的で、熱や電気などの物理的なエネルギーを外から加えて治療する物理療法、身体の動きと日常生活の動作を結びつける日常生活動作訓練による治療などを行います。

作業療法士は、人間として生きていく上での(作業)活動を理解・分析し、利用できるよう力を身につけることが不可欠とされていて、 入浴や摂食などの日常生活動作から 、職場復帰に至るまで、作業療法士は広く関わっています。
障害をもった人々の自立生活の援助や個々の 潤った日々作りに積極的に関与する作業療法士の仕事は、生活そのものをサポートしてゆきます。

言語聴覚士は、伝えたいのに上手く話せない、音や声が聞こえない、食べるとムセてしまうなどの問題を抱えている人達が、自分らしく生活ができるよう訓練を通して支援します。
例えば、食べたり飲み込んだりする、えん下機能の回復のために訓練としては、口腔や舌の筋力をつける、喉奥に冷刺激を与え唾を飲み込んだり、ゼリーなどを食べてえん下能力を確認していきます。
もう食べられないと諦めかけていた人が、再び自ら食べはじめ希望をつなぐ支援を行っています。

介護相談員は、サービス利用者・サービス提供者・行政機関の橋渡し役です。
まず利用者から苦情や不満等をよく聞いたのち、単なる行き違いや情報不足によるものか、個人の好き嫌いによる要望なのか介護の質に関わるものなのか、虐待・詐取などにあたるのか等、事実確認を経て見極め、そのうえで本人への助言や、事業者側と意見交換を重ねて問題のありかを提示し、サービスの質の改善につながる 提案をします。
また、行政機関の関与が必要な場合は、市町村の事務局を通じて適切な対応策をとります。