病院勤務から特養へ。もっとお年寄りの方々の生活に踏み込みたくて。

介護業界で、理学療法士にできることってたくさんあると思うんです。

私は以前、理学療法士として3年間医療法人に勤務していました。

昨年きらくえんに入職したのは大学の先生の勧めでした。病院に勤めているときから、次に転職するなら施設で働きたいと考えていたので、迷いなくきらくえんへの入職を決めました。
理学療法士が施設でできることって、たくさんあると思うんです。
デイサービスや在宅のように比較的元気な方に対しては、どのような運動が最適かを考えて、身体機能・心の状態の変化を観察していきます。
特養ホームの、例えば寝たきりに近い方へは「どのような体勢にすると楽に寝られるか」「どのように支えると負担のない起き上がらせ方ができるのか」など、介護士スタッフと一緒に考えながら、ご利用者の生活を支えています。

私は、現在は在宅をメインにリハビリなどを行っていますが、今後はもっと特養の部門に携わりたいと思っているんです。

特養は病院や在宅部門とは違い、施設での生活がご利用者にとってすべてですから、ご利用者と関わる機会も圧倒的に増えます。
ご利用者ともっと良い関係を築きたい、もっとその人のためのケアをしたい、その想いから私は特養ホームを希望しました。
最期を安心して迎えていただけるよう、その方に寄り添ったお手伝いをしたいと思っています。

腰痛、職業病・・・・・・
そんなことで介護の仕事を辞めるなんて、絶対にもったいない! 。

きらくえんの理念である「ノーマライゼーション」とは、
「ご利用者様の人権を守る」、「尊厳を持って接する」、「プライバシーを守る」
が基本となっています。

介護をされる側・する側双方にとって『優しい介護』を行う。
こういった当たり前のことを当たり前に行われているところが、きらくえんの素晴らしいところです。
私自身、「双方にとって『優しい介護』」というものをしっかり見つめていきたいと思っています。
例えば「腰痛は職業病だ」と思われがちですが、それは違います。
介護をする姿勢ひとつで腰痛は防ぐことができるのです。
正しい知識を持っていないばかりに、腰痛で介護の仕事を辞めてしまったり、腰が痛いせいで力任せに介護をしてしまったり・・・。
それでは『優しい介護』とは言えませんよね。

まだまだ介護業界全体で、介護スタッフが
正しい知識を学ぶ機会というのは少ないのが現状です。

現在、KOBE須磨きらくえんでは月に一度「負担の少ない介護」について勉強会・練習会を行い、他施設へも外部講師として指導に行っています。
「腰痛は職業病だ」「介護はきつい仕事だ」、それは違うということを介護スタッフみんなに知ってほしい。やり方ひとつで、安心して、楽しく、やりがいを持って介護の仕事を続けることができるのです。その気持ちはご利用者にもきっと伝わります。
身体を支える手や、表情、言葉に表れます。私はそれを伝えていきたいですし、その想いを叶えることができる場がきらくえんにはあります。
入職して1年と少し、まだまだこれからではありますが、特養での目標、講師としての目標を必ず達成し、「施設で働く理学療法士」の価値・存在意義をもっともっと高めていきたいと思っています。