ごあいさつ

けま喜楽苑

藻川のほとりの開かれた住まい

けま喜楽苑は、法人が運営する4つめの施設として、2001年の春に全個室・ユニットケア型の特養を開設しました。既存3施設における人権尊重の理念と実践を引継ぎ、入居者一人ひとりの個別性と居住性を考慮したソフトとハードの構築に取り組んでいます。 施設は「介護を行う場」ではなく、「暮らしの場」(ケア付きの住宅)です。お引越し(入居)から終末期に至るまで、入居者に生活の主体者として、"その人らしさ"や役割を発揮しながら自由に暮らしていただくことを、援助の方針にしています。 また、けま喜楽苑では、年間を通じて施設主催の季節行事や介護講座の開催、地域の祭りへの参加、保育所や学校との交流事業を行っています。

ここ数年は周辺に住宅が増え、玄関先の花を眺めたり、野菜を買い求めたり(毎朝、採れたての旬の野菜が並びます)、子供達が自転車に乗って遊ぶ姿が見られるなど、ご近所の方々が立ち寄ってくださる機会が増えました。経費削減を図るために始めたエコプロジェクトも、地域の環境問題へと職員の関心が高まり、利用者やボランティアの方々にも活動の輪が拡がっています。 これからも、地域や社会に目を向けてノーマライゼーション理念を実践していきたいと思います。

けま喜楽苑 施設長

ごあいさつの最初に戻る

事業案内

けま喜楽苑の事業案内

特別養護老人ホーム

おおむね65歳以上で身体に不自由がある方、認知症等により、常時の介護が必要で在宅の生活が困難な方の住まいです。

ユニットケア

10名程度をひとつのユニット(生活単位)とし、家庭的な雰囲気の中で暮らしていただけます。ユニットごとに食堂や談話スペースなどを設け、ご入居者一人ひとりの個性や生活スタイルに合わせた個別ケアを行います。

ショートステイ

在宅で介護の必要な方が短期間宿泊いただけます。ご利用者が住み慣れた自宅で自分らしく暮らせるよう、ご家族や近隣とのつながりを大切にし、身体的、精神的な支援をします。在宅での介護の負担を軽くするなど、ご家族の支援にもなっています。要介護認定で要介護1~5までの認定を受けた方がご利用いただけます。

デイサービス

日帰りで、食事・入浴・機能訓練・レクリエーションなどの送迎付きサービスを提供します。アクティビティやリハビリスタッフ等による運動機能の維持・向上を図り、在宅生活を支援します。要介護認定で要支援・要介護認定を受けた方がご利用いただけます。また、デイサービスを利用していただくには、 ケアマネージャーによるケアプランの作成が必要となります。

認知症高齢者グループホーム

認知症のある高齢者の住まいです。少人数の家庭的な環境のもと、スタッフや他の入居者と一緒に食事の準備、洗濯や掃除などを行います。ご入居者の生活リズムに合わせ、できることを一緒にしていただきながら、援助を行うことにより認知症状の進行を穏やかにし、よりよい暮らしを続けられるよう支援します。要介護認定で、要支援2と要介護1~5の認定を受けた方がご利用いただけます。

居宅介護支援事業

在宅で介護の必要な方が、できる限りご自宅での自立した暮らしを続けられるよう、心身の状態や、暮らしの中で困っていることなど、お話を伺います。お話をもとに、ご利用者が介護保険のサービスを適切に利用できるように、ケアマネージャーが介護サービス計画を作成します。ご利用者の受けたいサービスや、回数などを一緒に相談して決め、介護保険の申請や、介護サービス事業者・関係機関との調整を行います。

ホームヘルプサービス

ご利用者の自宅に訪問し、身体介護、家事援助、通院介助などを行います。ご利用者の心身の状況をふまえ、その方の能力に応じて自立した暮らしができるように、入浴・排泄・食事の介護、その他暮らし全般にわたる援助を行います。要介護認定を受けられた方で要支援・要介護の認定を受けている方がご利用いただけます。

地域包括支援センター

近隣の高齢者がどのようなサービスを利用してよいかわからない時など、1か所で相談からサービスの利用調整までできる総合相談窓口です。センターには、保健師(または経験のある看護師)、社会福祉士、主任ケアマネージャーが配置されています。地域住民であれば誰でも、心身の状態や住まい、環境の変化などに応じて、介護・医療・福祉・健康など、様々な面から相談していただけます。

配食サービス

近隣の高齢者や障がいがある方で、食事作りが難しい方へ、ご自宅まで食事を配達するサービスです。管理栄養士が献立をつくり、バランスのとれた食生活を支援します。これにより、できるだけ長く健康的で自立した暮らしを続けていただけますし、スタッフが直接お伺いすることで、安否確認もできます。

事業案内の最初に戻る

家族会・OB会

けま喜楽園には、以下に記す3つの家族会があります

入居者と在宅高齢者の生活向上および家族間の交流を目的に 活動しています。
それぞれの会は、世話役の役員を中心に、 定期的に懇談会・学習会・親睦会を開催し、相互に情報交換やピアカウンセリングを行う場として機能しています。
また、季節行事や各種催し等への協力をはじめ、職員と暮らしづくりやケアについても話し合う機会が多く、さまざまな形で家族会からの意見や提案が施設運営に反映されています。

  • けま喜楽苑特養ホーム家族会

    役員会を毎月行っています。 その他、懇談会・総会・親睦会・学習会・見学会を開催し、家族OBによる手芸の会やおやつ作りを年に数回行っています。 家族有志で和太鼓サークル「気楽」を結成。行事ごとに集まっては練習に励み、催しに華を添える演奏を行っています。

  • グループホームいなの家 家族会

    世話人会・運営推進会議を2ヵ月ごとに行っています。 その他、懇談会・総会・親睦会を開催。賛助会員として家族OBの来訪があり、行事や大掃除への参加、趣味のハーモニカ演奏などで楽しみの場を提供してくださるなど、入居者が亡くなった後も交流が続いています。

  • 在宅介護者・家族の会「ながつきの会」

    毎月の定例会で介護に関する意見交換・学習を行い、共により良い介護を目指すことを目的に会員相互が支えあい、親睦を深めています。ながつきの会という名前には、"長いお付き合いを"という意味を込めています。

家族会・OB会の最初に戻る

ギャラリー

画像をクリックしていただくと写真ギャラリーになります。

  • けま喜楽苑ギャラリー写真1
  • けま喜楽苑ギャラリー写真2
  • けま喜楽苑ギャラリー写真3
  • けま喜楽苑ギャラリー写真4
  • けま喜楽苑ギャラリー写真5
  • けま喜楽苑ギャラリー写真6
  • けま喜楽苑ギャラリー写真7
  • けま喜楽苑ギャラリー写真8
  • けま喜楽苑ギャラリー写真9
  • けま喜楽苑ギャラリー写真10
  • けま喜楽苑ギャラリー写真11
  • けま喜楽苑ギャラリー写真12

ギャラリーの最初に戻る

交通アクセス

けま喜楽苑へのアクセス方法


けま喜楽苑

〒661-0982
兵庫県尼崎市食満2-22-1

TEL:06-6493-8300
FAX:06-6493-8320

  • 電車でおこしの方へ

    JR福知山宝塚線「猪名寺」駅 徒歩12分。

  • お車でおこしの方へ

    名神尼崎インターチェンジより約4キロ。

  • 特別養護老人ホーム

    tel:06-6493-8300

  • ショートステイ

    tel:06-6493-8300

  • デイサービスセンター(一般型・認知症対応型・障害者自立支援)

    tel:06-6493-8300

  • ヘルパーステーション(訪問介護・障害者自立支援)

    tel:06-6493-8300

  • けま喜楽苑居宅介護支援事業所

    tel:06-6493-8840

  • グループホーム「いなの家」

    tel:06-6493-8840

  • 配食サービス

    tel:06-6493-8300

けま喜楽苑居宅介護支援事業所
住所:兵庫県尼崎市食満2丁目22番1号
  • むこのそうケアプランセンター

    tel:06-6435-0733

  • 尼崎市「武庫東」地域包括支援センター

    tel:06-4962-5308

交通アクセスの最初に戻る