2021年2月13日法人

新型コロナウイルスクラスター発生について

2020年2月13日 更新

 

 新型コロナウイルス第3波により、緊急事態宣言が3月7日まで延長される中、各施設において感染予防対策を徹底してまいりましたが、ショートステイにおいて、クラスターが発生しましたのでご報告申し上げます。

 

 2月6日(土)・7日(日)に尼崎の「けま喜楽苑」ショートステイを一泊利用した方が帰宅後に倦怠感があり、8日に受診したところ、PCR陽性が判明しました。感染経路は不明ですが毎日通っておられる他事業所のデイサービスで送迎車に乗り合わせた方もPCR陽性でした。尼崎市保健所の指示のもと、他のご利用者、職員に検査をしたところ、合計7名の陽性者(利用者6名、職員1名)を確認し、クラスターの発生となりました。

 

 PCR陽性のご利用者は、入院医療機関が決定する2月8日から2月12日まで、フロアを区分けし、施設内で隔離対応をさせていただきました。2月9日より、同フロアのデイサービス(一般型)・ショートステイの受け入れを中止、2月11日よりデイサービス(認知症対応型)を中止しております。

 2月12日に陽性者のご入院が決まり、2月13日、専門業者によるフロアの環境消毒を行った上で、2月16日からデイサービス(一般型・認知症対応型)、2月23日からショートステイの利用を再開いたします。

 

 サービスの一時中止により、ご利用者、ご家族、地域の他事業所、担当ケアマネジャーの皆様には多大なご迷惑をおかけいたしました。これを教訓とし、再発防止につとめてまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

社会福祉法人きらくえん
理事長 土谷千津子